織田信長関連記事

大阪城 天守閣で信長と秀吉の歴史に触れる!!【大阪 中央区:全季節】

大阪城(大坂城)は、安土桃山時代に摂津国東成郡生玉荘大坂に築かれ、江戸時代に修築されました。 元和元年(1615)の大坂夏の陣で天守閣も焼失しましたが、江戸時代になって1620年(元和6年)に徳川秀忠の命により天下普請によって10年かけて再築さ再建されたものの寛文5年(1665)、落雷によって再び焼失しました。 以来、大坂城は天守閣のないままでしたが、昭和6年(1931)、当時の関市長の呼びかけで市民らの寄付により再々建造されました。

清州城 織田信長の天下布武の出発点に威厳!!【愛知 清須:全季節】

清洲城(清須城・きよすじょう)は、尾張国春日井郡清須(現在の愛知県清須市一場)にある城で、尾張国の中心部に位置し、一時期尾張国の守護所として栄え、京鎌倉往還と伊勢街道が合流し中山道にも連絡する交通の要所として重視されました。 清洲城の歴史の築城者・創築年とも不明で清洲城は、織田信長の居城であった城として知られて有名な城です。

岐阜城 天守閣から岐阜の夜景を一望!!【岐阜:全季節】

岐阜城は、岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にあった日本の城(山城跡)。 織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城であります。 城跡は岐阜城跡として金華山と、その山塊の2,091,602.74平方メートルが国の史跡に指定されています。

トップへ戻る