煌火関連記事

富山城は、ライトアップを狙って行くのがお勧め!!【富山 富山市:全季節】

富山県富山市丸の内にあった富山城は、「浮城」「安住城」とも言われました。 神通川(現松川)の流れを城の防御に利用したため、水に浮いたように見え、「浮城」の異名をとりました。 瀧廉太郎の「荒城の月」の着想の元になった城の一つで現在、城跡は「富山城址公園」となっています。 また、天守閣は、再建造物として模擬天守となっています。 ※模擬天守:現存・復元・復興天守に含まれない物、つまり実在の天守に由来しない天守

トップへ戻る