清須城関連記事

名古屋城 天守閣と天下統一の夢の跡【愛知 名古屋:全季節】

名古屋城は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった日本の城で「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持ちます。 名古屋城は、日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されています。 1532年(天文元年)に織田信秀が今川氏豊から奪取し「那古野城」と改名しました。 織田信秀は、一時期この城に居住し、彼の嫡男織田信長はこの城で生まれたと言われています。 後に信秀は「古渡城」に移り、「那古野城」は信長の居城となりましたが、1555年(弘治元年)、信長が「清須城(清洲城)」に本拠を移したため、廃城となりました。

トップへ戻る