松焚祭関連記事

大崎八幡宮 伊達政宗が創建したパワースポットで勝運アップ【宮城 仙台:全季節】

大崎八幡宮は、宮城県仙台市青葉区八幡にある神社で社殿(本殿・石の間・拝殿)は国宝に指定されております。 神社の境内などで正月飾りを焼き、御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願する祭である「どんと祭」で大崎八幡宮が最大規模で裸参りとしても有名です。 平安の昔、坂上田村麻呂が宇佐神宮を鎮守府胆沢城(現岩手県奥州市水沢)に勧請し鎮守府八幡宮と称したことに始まり、1604年に伊達政宗公が居城の玉造郡岩出山城内の小祠に御神体を遷し、仙台開府後仙台城の乾(北西)の方角にあたる現在の地に祀られました。

トップへ戻る