/*カテゴリーリストを1カラム*/

神社・寺関連記事

浜松城 出世城と称されるパワースポット!!【静岡 浜松:全季節】

浜松城は、静岡県浜松市中区にある日本の城跡で、野面積みの石垣で有名です。 徳川家康が元亀元年(1570年)に曳馬城に入城していたことや歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」と言われています。 浜松城以前は、15世紀頃に築城された曳馬城(引馬城、引間城)であり、築城者は、今川貞相の説が強く初めて築城したと言われている。

静岡浅間神社 徳川家康も崇敬したパワースポット!!【静岡:全季節】

静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)は、静岡県静岡市葵区にある神社で通称「おせんげんさま」で有名です。 神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を総称して静岡浅間神社といいます。 三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われており、式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。 三社は鎮座以来独立の神社として扱われ、江戸時代まではそれぞれ別の社家が奉仕してきた。

善光寺 極楽浄土パワースポットで暗闇のお戒壇巡り!!【長野:全季節】

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務めます。 日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになりました。 御開帳が行われる丑年と未年に、より多くの参拝者が訪れます。

新倉山浅間公園 富士山と桜の絶景がSNS映え!!【山梨 富士吉田:春 4月】

新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)は、山梨県富士吉田市の新倉山の中腹にある広さは約4.3ヘクタールの公園で麓には新倉富士浅間神社があり、園内には約650本の桜(ソメイヨシノ)と戦没者慰霊塔があります。 富士吉田市内と富士山を一望できる公園であり、朱く美しい五重塔は、仏塔でなく戦没者忠霊塔である。

永平寺の体験修行で精神改革!!【福井 吉田:全季節】

福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院の「永平寺」は、總持寺と並ぶ日本曹洞宗の中心寺院(大本山)であります。 山号を吉祥山と称し、寺紋は久我山竜胆紋(久我竜胆紋・久我竜胆車紋)で、開山は、約770年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創された出家参禅の道場で本尊は釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来の三世仏です。

弥彦神社 パワースポット伝説が不思議すぎる!?【新潟 下越:全季節】

彌彦神社(いやひこじんじゃ、常用漢字体:弥彦神社)は、新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦にある神社で式内社(名神大社)、越後国一宮。 越後平野西部の弥彦山(標高634m)山麓に鎮座し、弥彦山を神体山として祀る神社で、「万葉集」にも歌われる古社であり、祭神の天香山命は越後国開拓の祖神として信仰されたほか、神武東征にも功績のあった神として武人からも崇敬されました。 宝物館には日本有数の大太刀(長大な日本刀)である「志田大太刀(しだのおおたち、重要文化財)」や、源義家や源義経、上杉謙信などに所縁と伝えられる武具などが社宝として展示されています。

瑞龍寺のパワースポット トイレの神様でご利益!!【富山 高岡:全季節】

瑞龍寺(ずいりゅうじ)は、富山県高岡市にある曹洞宗の仏教寺院で山号は高岡山です。 本尊は釈迦如来で開基は前田利常、開山は広山恕陽になります。 仏殿、法堂、山門の3棟が近世禅宗様建築の代表作として、1997年(平成9年)に国宝に指定されています。 これは富山県下における初の国宝指定で富山県唯一の国宝であります。

鎌倉大仏のライトアップが神々しいパワースポット【神奈川 鎌倉:夏 8月】

神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院である「高徳院」の本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像(国宝)です。 2004年(平成16年)2月27日、境内一帯が「鎌倉大仏殿跡」の名称で国の史跡に指定されたました。 鎌倉のシンボルともいうべき大仏を本尊とする寺院である高徳院は、開山、開基は不明であり、大仏の造像の経緯についても史料が乏しく、不明な点が多い。

江ノ電「のりおくん」でぶらり途中下車観光!!【神奈川 藤沢・江ノ島・鎌倉:全季節】

江ノ電(えのでん)と略称される江ノ島電鉄株式会社は、神奈川県藤沢市に本社、同市の江ノ島駅に本店を置く民間の鉄道事業者。 鎌倉駅 - 藤沢駅 営業キロ10.0 kmで15駅あります。 日中は、約12分間隔で運転されており、湘南、古都鎌倉の観光地やロケーションが多数あることや東京・首都圏から1時間弱という近距離ということもあり人気のある観光地の足となっています。

箱根神社と九頭龍神社で最強パワースポット【神奈川 箱根:全季節】

箱根神社は、神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある神社で旧社格は国幣小社です。 かつては箱根権現、三所大権現とも称されました。 天平宝字元年(757年)、万巻上人が現在地に里宮を創建して僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現として祀ったと伝えられる。 その後、伝承では、万巻が人々を苦しめていた芦ノ湖の九頭龍を調伏し、現在の九頭龍神社本宮を建立して、九頭龍を守護神として祀ったとされています。

トップへ戻る