/*カテゴリーリストを1カラム*/

絶景関連記事

秋保温泉 仙台の奥座敷で湯と渓谷美を楽しむ【宮城 仙台:全季節】

秋保温泉は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元に位置する温泉で仙台都心からも近くアクセスも良いために県外からの宿泊のみならず近隣からの日帰り入浴にも利用されています。 同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つとして数えられおり、また古くは「名取の御湯」と呼ばれ、兵庫県の有馬温泉や愛媛県の道後温泉と並んで「日本三名湯」の1つに数えられた歴史ある温泉地となっています。

蔵王 お釜の五色沼の変化が美しく神秘すぎる!!!【宮城 仙南:夏・秋】

宮城県刈田郡蔵王町と同県柴田郡川崎町の境界付近(境界未定地域)にある火口湖のお釜は、五色沼(ごしきぬま)とも呼ばれています。 御釜は、外輪山と、爆裂火口によってえぐられた中央火口丘とによってその周囲をぐるりと囲まれている水深25mの五色沼は、酸性湖で湖面の色が深いブルーやエメラルドグリーンなどの5色に変化します。 蔵王連峰の中央部の最も標高の高い1600mのエリアの蔵王馬の背と五色岳の中間にあり蔵王連峰の象徴になっております。

松島 日本三景の美しさと良縁パワースポットの福浦橋【宮城地域 石巻:全季節】

松島は、宮城県の松島湾内外にある諸島で約260の島があり、日本三景の1つに数えられていまます。 実は、有名な「松島や ああ松島や 松島や」は、松尾芭蕉が詠んだ句でなく江戸後期の狂歌師の「田原坊」が詠んだ言われています。 「奥の細道」では、松島の美しさに感動しすぎ松尾芭蕉は、一句も詠めなかったと言われています。 ※日本三景:松島(宮城)・天の橋立(京都)・宮島(広島)

ヒリゾ浜 透明度高い海の秘境スポットが素敵すぎる!!【静岡 南伊豆:夏】

静岡県賀茂郡南伊豆町の海岸 ヒリゾ浜は、陸続きではあるものの、道がないため船でしか行くことができない隠れた静岡の秘境とも言われております。 シーズンである夏季は渡し船が出っており、透明度抜群であるヒリゾ浜は、シュノーケリングスポットの大変人気スポットとなっています。

浜松城 出世城と称されるパワースポット!!【静岡 浜松:全季節】

浜松城は、静岡県浜松市中区にある日本の城跡で、野面積みの石垣で有名です。 徳川家康が元亀元年(1570年)に曳馬城に入城していたことや歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」と言われています。 浜松城以前は、15世紀頃に築城された曳馬城(引馬城、引間城)であり、築城者は、今川貞相の説が強く初めて築城したと言われている。

静岡浅間神社 徳川家康も崇敬したパワースポット!!【静岡:全季節】

静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)は、静岡県静岡市葵区にある神社で通称「おせんげんさま」で有名です。 神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を総称して静岡浅間神社といいます。 三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われており、式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。 三社は鎮座以来独立の神社として扱われ、江戸時代まではそれぞれ別の社家が奉仕してきた。

薩埵峠 歌川広重も絶賛の絶景!一番美しい富士山!!【静岡:全季節】

薩埵峠(さったとうげ)は、静岡県静岡市清水区にある峠であり、東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置します。 ちなみに埵の字は、「薩堆峠」や「さった峠」と表記する例があります。 薩埵峠にある展望所からの富士山と駿河湾の景色は、歌川広重の浮世絵「東海道五十三次・由比」にも残されるほどの絶景で昔から富士山の美しさを表現される風景となっています。

掛川城 日本初の木造復元天守と掛川桜が美しく勇壮!!【静岡 掛川:春 3月】

掛川城(かけがわじょう)は、遠江国佐野郡掛川(現在の静岡県掛川市掛川)にあった日本の城であります。 室町時代中期の文明(1469年 - 1487年)年間に守護大名・今川義忠が、重臣の朝比奈泰煕に命じて築城したと伝えられており、当初は龍頭山より北東にある子角山に築かれており、龍頭山の城は1513年に新たに築城されたものである。 1994年(平成6年)4月に 天守が再建され、日本初の木造復元天守であります。

地獄谷野猿公苑 野生猿が温泉に入る世界的観光地!!【長野 志賀高原:冬 12~1月】

地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザル(Macaca fuscata)の生態の観察が出来る野猿公園であります。 冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地です。 タイム誌などにもサルが露天風呂に入る写真が掲載され海外からの観光客が多く、英語圏では「Snow Monkey」とも呼ばれ有名です。

松本城 現存最古の天守閣の国宝が凄い!!【長野 松本:全季節】

松本城は、長野県松本市にある日本の城で乾小天守は現存最古の天守であります。 安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されています。 松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)と言われており、市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれていますが、文献上には烏城という表記は一切ない。 また、天守が国宝指定された5城のうちの一つであります。 ※他は姫路城(兵庫県)、犬山城(愛知県)、彦根城(滋賀県)、松江城(島根県)

トップへ戻る