/*カテゴリーリストを1カラム*/

関東関連記事

鎌倉大仏のライトアップが神々しいパワースポット【神奈川 鎌倉:夏 8月】

神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院である「高徳院」の本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像(国宝)です。 2004年(平成16年)2月27日、境内一帯が「鎌倉大仏殿跡」の名称で国の史跡に指定されたました。 鎌倉のシンボルともいうべき大仏を本尊とする寺院である高徳院は、開山、開基は不明であり、大仏の造像の経緯についても史料が乏しく、不明な点が多い。

江ノ電「のりおくん」でぶらり途中下車観光!!【神奈川 藤沢・江ノ島・鎌倉:全季節】

江ノ電(えのでん)と略称される江ノ島電鉄株式会社は、神奈川県藤沢市に本社、同市の江ノ島駅に本店を置く民間の鉄道事業者。 鎌倉駅 - 藤沢駅 営業キロ10.0 kmで15駅あります。 日中は、約12分間隔で運転されており、湘南、古都鎌倉の観光地やロケーションが多数あることや東京・首都圏から1時間弱という近距離ということもあり人気のある観光地の足となっています。

小田原城の桜がSNS映えすぎる【神奈川 小田原:春 3,4月】

小田原城は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名です。 江戸時代には小田原藩の藩庁があり、城跡は国の史跡に指定されています。 2015年7月~2016年4月末に約10億円をかけて耐震改修工事を行った小田原城天守閣は、2016年5月にリニューアルオープンしました。

横浜中華街で春節を楽しむ【神奈川 横浜:冬 2月】

横浜中華街は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)で、約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっています。 1866年(慶応2年)の横浜新田慰留地から数えると150年強の歴史をもつことになる横浜中華街は、日本で...

箱根神社と九頭龍神社で最強パワースポット【神奈川 箱根:全季節】

箱根神社は、神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある神社で旧社格は国幣小社です。 かつては箱根権現、三所大権現とも称されました。 天平宝字元年(757年)、万巻上人が現在地に里宮を創建して僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現として祀ったと伝えられる。 その後、伝承では、万巻が人々を苦しめていた芦ノ湖の九頭龍を調伏し、現在の九頭龍神社本宮を建立して、九頭龍を守護神として祀ったとされています。

両国国技館で大相撲の聖地を楽しむ!!【東京 墨田区:全季節】

東京墨田区の両国の両国橋は、江戸時代の1659年(万治2年)12月13日に架橋され、当初幕府によって大橋と名づけられたが、両国橋と通称された。 これにより両国橋東岸の地域、現在の両国が神田、日本橋方面と直接結ばれ、以後江戸が隅田川をはさんで東側に拡大する足がかりとなった。 現在の両国を含む北側が本所、両国よりも南側が深川であり、双方とも江戸時代の新興住宅地域にあたります。

神田明神 江戸三大祭の神田祭が激し過ぎる!!【東京 千代田区:春 5月】

神田明神は、東京都千代田区外神田二丁目に鎮座する神社で正式名称「神田神社」です。 神田祭を行う神社として知られており神田、日本橋(日本橋川以北)、秋葉原、大手町、丸の内、旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神であります。 また旧准勅祭社の東京十社の一社であります。

東京スカイツリーは、天望とライティングがお勧め!!【東京 墨田区:全季節】

東京スカイツリーは、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)で観光・商業施設やオフィスビルが併設されており新しい東京のシンボルとなっています。 ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれ2012年(平成24年)5月に電波塔・観光施設として開業しました。 東京スカイツリーの高さ634mでギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーで認定されています。

浅草寺 仲見世通りでゆったり散歩【東京 台東区:全季節】

浅草は、東京都台東区の町名や旧東京市浅草区の範囲を指す地域名であります。 浅草寺の門前町として繁華街および観光地となっており、浅草駅は東京メトロ銀座線、都営浅草線と東武伊勢崎線が乗り継げ、浅草駅 (首都圏新都市鉄道)とも近接しており、東京都区部と北関東を結ぶターミナル駅となっています。 浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草にある東京都内最古の寺で山号は金龍山。 本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)です。 元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となりました。 観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれています。

東京タワーのライトアップが素敵すぎる!!【東京 港区:全季節】

1958年12月23日に施工された東京のシンボルで観光地となっている東京タワーは、東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称です。 実は、正式名称は日本電波塔となっています。 高さ:333m(海抜351m) 塔脚の間隔:88.0m 総工費:約30億円 1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成しました。 地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔です。

トップへ戻る