管理人関連記事

越前大野城 天空の城の撮影スポットは?【福井 大野:春・秋・冬 10~4月】

越前大野城は、福井県大野市にあった城で明治までは大野藩の藩庁が置かれました。 天守は、亀山の山頂にある天守曲輪に建てられました。 本来は望楼付きの2重3階の大天守に2重2階の小天守、天狗の間(天狗書院)と呼ばれた付櫓(天狗櫓)が付属された、複合連結式の天守であったが、1795年に焼失して以降、再建されないままでありました。 現在山頂に建つ天守は、1968年(昭和43年)に往時の絵図や創建当時の同時期の他の城の天守を元に、鉄筋コンクリート構造によって推定再建されたものであります。 しかし、小天守が天狗の間の位置に建てられていることなど、史実に基づいた復元再建ではありません。 また、2017年(平成29年)、「続日本100名城」(138番)に選定されました。

白米千枚田 「あぜのきらめき」が幻想的!!【石川 輪島:秋・冬 10~3月】

石川県輪島市白米町にある白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、国の名勝にも指定された棚田であります。 数が多いので千枚田と呼ばれるが、「狭い田」からの転という説もあり、最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度です。 日本海に向かってなだれ落ちるような美しい景観は、能登の観光スポットともなっており、2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』では、第105-155話までのオープニング映像で使用され観光地としても有名です。

能登金剛 巌門へ遊覧船で巡る旅!!【石川 能登:春~秋 3~11月】

石川県能登地方羽咋郡志賀町に位置する景勝地である能登金剛(のとこんごう)は、約30kmに亘って奇岩、奇勝、断崖が連続する海岸であり、能登半島国定公園の代表的な景観の一つであります。 その能登金剛の一部である天然の同靴の「巌門」は日本海の荒波が作り出した大自然の造形美で人気がある観光地となっております。 松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となったことで、全国にその名を知られることになった。

金沢城は、夜桜のライトアップが妖艶で美しい!!【石川 金沢:春 4月】

金沢城の正式名称「金沢城公園」、石川県金沢市丸の内にあった日本の城であります。 金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城で、江戸時代には加賀藩主前田氏の居城で城址は国の史跡に指定されています。 金沢城の建築の特徴としては、櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓である。

茶屋街で伝統文化の芸に触れる!!【石川 金沢:全季節】

東山ひがしは、石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られています。 南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残っており金沢の人気観光地の1つになっています。

兼六園は、冬の雪吊りが美しくお勧め!!【石川 金沢:冬 12~2月】

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市にある日本庭園で、国の特別名勝に指定されています。 17世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園で、岡山市の「後楽園」と水戸市の「偕楽園」と並んで日本三名園の一つに数えられています。 春夏秋冬それぞれに趣が深く、季節ごとに様々な表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっています。

星峠の棚田は、雲海・水鏡・天の川の絶景!!【新潟 十日町:春・夏・秋 5~11月】

星峠の棚田は、越後松代棚田群(えちごまつだいたなだぐん)を代表する新潟県十日町市松代地域にある棚田(千枚田)で「にほんの里100選」に選ばれており全国から数多くの観光客が訪れます。 水鏡の景観は、2009年の大河ドラマ「天地人」のオープニングにも登場し話題になりました。 また、越後松代棚田群は、「星峠の棚田」の他に「儀明の棚田」、「蒲生の棚田」などがあります。

弥彦神社 パワースポット伝説が不思議すぎる!?【新潟 下越:全季節】

彌彦神社(いやひこじんじゃ、常用漢字体:弥彦神社)は、新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦にある神社で式内社(名神大社)、越後国一宮。 越後平野西部の弥彦山(標高634m)山麓に鎮座し、弥彦山を神体山として祀る神社で、「万葉集」にも歌われる古社であり、祭神の天香山命は越後国開拓の祖神として信仰されたほか、神武東征にも功績のあった神として武人からも崇敬されました。 宝物館には日本有数の大太刀(長大な日本刀)である「志田大太刀(しだのおおたち、重要文化財)」や、源義家や源義経、上杉謙信などに所縁と伝えられる武具などが社宝として展示されています。

高田公園 日本三大夜桜の絶景が評判!!【新潟 上越:春 4月】

新潟県上越市の中心に位置する都市公園(総合公園)の「高田公園」は、高田城の建築と関川の流れを変え、青田川や儀明川を改修して築いた濠と土塁などの構築物からなる遺構であります。 はじまりは、徳川家康の六男の松平忠輝が福島城を廃し、現在の高田公園に高田城を建築した事にはじまり、忠輝の妻いろは姫は仙台「伊達政宗」の娘、政宗は家康に築城奉行に任じられこの城下を構築し014年に高田開府400年を迎えました。 城跡の約4000本の桜は、上野恩賜公園(東京都台東区)、弘前公園(青森県弘前市)との「日本三大夜桜」の一つと称れています。

長岡花火が桁違いの凄すぎで涙する!!【新潟 長岡:夏 8月】

長岡花火は、新潟県長岡市で開催される祭で日本三大花火大会の一つであります。 「長岡大花火大会」「長岡まつり大花火」とも称されます。 「長岡まつり」は、毎年8月1日から3日にかけ、長岡市内で開催されます。 内容は、「平和祭」「昼行事」「大花火大会」や「灯籠流し」があります。 「長岡大花火大会」は、8月2・3日の夕方から信濃川の河川敷で行われており、秋田県大仙市の「大曲の花火」(8月)、茨城県土浦市の「全国花火競技大会」(10月)の3つをまとめ「日本三大花火大会」と称されます。

トップへ戻る