弘前城は、撮影ポイントを押さえて行くべし【青森 弘前:全季節】

シェアする

FavoriteLoadingお気に入りに追加

弘前城は、撮影ポイントを押さえて行くべし【青森 弘前:全季節】

青森県にある東北最古の天守閣の弘前城は、実はこじんまりしてるので気を付けてください。
ただ、「下乗橋と弘前城天守」のポジションからの撮影スポットは素晴らしくい。

春の弘前さくらまつり、秋の菊ともみじまつりも、冬の雪燈籠の時期でシャッターを押せば間違いなく素敵な写真が取れます。





弘前城はのご当地情報

ご当地概要ご当地イベント情報ご当地Map・アクセスご当地追加情報ご当地公式情報

青森県弘前市にある弘前城は、別名・鷹岡城、高岡城と称され江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し国の重要文化財に指定されています。

江戸時代には弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地となり、城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城であるあります。

創建当初の規模は東西612メートル、南北947メートル、総面積385,200平方メートルに及んでましたが、現在は、堀、石垣、土塁等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、8棟の建築と現存12天守に数えられる内の天守1棟が現存します。

【弘前城】

住所:青森県弘前市下白銀町1

開催日:4月1日~11月23日

開催時間:9:00~17:00(さくらまつり期間 7:00~21:00)

イベントタイプ:弘前さくらまつり(春)、菊ともみじまつり(秋)

交通アクセス:弘前駅から徒歩30分(タクシーで約10分)

駐車場:有り(有料)

問合せ:0172-33-8733

※時間、価格の変更の可能性はあります。

弘前城:青森県弘前市下白銀町1

花火大会:

アトラクション情報:

踊りの当日参加:

有料観覧席:

予想来場者数:

入場料:大人:310円、子供:100円

1603(慶長8)年、為信は沼田面松斎に兵法、立地、陰陽五行の思想などから検討し、藩政の拠点となる築城の地を決めさせました。それによって選ばれたのが四方を4神が守護する四神相応の地である高岡、現在の弘前です。

1609(慶長14)年に幕府から築城許可が下り、
2代藩主・信枚が1610(慶長15)年から築城を開始しました。
その翌年には五層の天守閣を構える平山城「高岡城」が完成し、城下町の建設も進められました。
その後もさらに堤防などを築きながら成立した城下町は1628(寛永5)年に「高岡」から「弘前」へと改称し、近世都市として歩み始めます。

1631(寛永8)年に藩主・信枚が没すると、信枚の長男・信義が3代目藩主として弘前を治め、信枚の後を受けて藩政の創成にあたります。弘前藩の藩政、諸制度の確立は4代藩主・信政の時代に完成されたと言われています。

出展:https://www.hirosakipark.jp/

弘前城は、撮影ポイントを押さえて行くべし【青森 弘前:全季節】

一番の撮影時期である弘前さくらまつりは、2019年4月20日~5月6日の17日間の開催と決定しました。
1903年以降から桜の植樹が行われており、現在では約2,600本の桜が咲き乱れます。
花見がGWと重なることもあり日本全国から観光客が訪れる。
また、撮影時間は、朝(午前中)がお勧め。

引用:https://www.youtube.com/

やはり、桜と弘前城は良く似合いますね。
また、弘前公園自体がたくさんの桜で美しので、散策しながらの公園を撮影するのも快適で気持ち良いですね。

引用:https://www.youtube.com/

秋になると弘前公園の紅葉も1000本の楓、2600本の桜が美しい色を放ちます。

毎年10月中旬~11月中旬で開催される「弘前城 菊と紅葉まつり」では、日没~21:00までライトアップがあります。
秋は、紅葉が美しい夕陽の時間帯と幻想的なライトアップの時間帯での撮影をお勧めです。

引用:https://www.youtube.com/

毎年2月上旬に開催される「弘前城 雪灯篭祭り」は、16:30~21:00で夜間のライトアップがあります。
この時間帯に撮影したいですね。

撮影スポットとしては、弘前城をメインで撮影するなら定番の「下乗橋」からの撮影は外せません。

ライトアップを綺麗に撮影するならSONY α7と単焦点レンズ

弘前城の映像

弘前城の画像や動画を掲載しておきます。

引用:https://www.youtube.com/

空から見ると弘前城の天守閣の大きさが分かりますね。
ただ、公園は大きく自然豊かで見どころがたくさんあります。

事前に撮影ポイントを幾つかに絞って行動するのをお勧めします。

弘前城のSNSの情報

SNSのご当地情報を集めてみました。

引用:https://twitter.com/



青森 弘前城での評判の宿泊は、こちら

弘前市は、東北の小京都とも称され、武家屋敷をはじめとした江戸時代の面影を残すレトロな洋館が多くあります。

歴史好きの方にも街の探索でも楽しむことが出来ます。

青森 弘前城の宿泊は、小堀旅館が評判

お勧めの宿地図

【小堀旅館】

弘前城を中心とした、藩政時代のおもかげをそのままに津軽に生き続けている街。
桃山時代を色濃く残し、その中にルネッサンス風の教会堂や洋館がしっとりと溶け込み、エキゾチックな雰囲気の中に和洋取り混ぜた小堀旅館があります。
物にこだわった季節の野菜や、近海の海産物を使って手料理が絶品です。

≫ 小堀旅館 | 青森県弘前市本町89 | 詳細・予約

【小堀旅館】

≫ 小堀旅館 | 青森県弘前市本町89 | 詳細・予約

青森 弘前城に行くなら、絶対にこのご当地!!

弘前には、いろいろなご当地料理があります。

弘前いがみんち、りんご料理、貝焼き味噌、ニシンのいずし、タラのこあえ、南蛮の一升漬け、じゃっぱ汁、けの汁、津軽そば、弘前ラーメンと美味しい料理がいっぱいあります。

青森 弘前城には、「あば」がお勧めです。

評判のお店地図

【あば】

せっかくの青森の弘前なら、津軽郷土料理が食べたいですね。

かなりの人気店なので事前予約をお勧めします。

≫ あば | 青森県弘前市土手町166 | 詳細・予約

【あば】

≫ あば | 青森県弘前市土手町166 | 詳細・予約

青森 弘前城のご当地のタムラのシードルお取り寄せはこちら

 
トップへ戻る