浅草寺 仲見世通りでゆったり散歩【東京 台東区:全季節】

シェアする

FavoriteLoadingお気に入りに追加

浅草寺 仲見世通りでゆったり散歩【東京 台東区:全季節】

浅草は、東京都台東区の町名や旧東京市浅草区の範囲を指す地域名であります。

浅草寺の門前町として繁華街および観光地となっており、浅草駅は東京メトロ銀座線、都営浅草線と東武伊勢崎線が乗り継げ、浅草駅 (首都圏新都市鉄道)とも近接しており、東京都区部と北関東を結ぶターミナル駅となっています。

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草にある東京都内最古の寺で山号は金龍山。
本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)です。
元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となりました。
観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれています。




浅草寺のご当地情報

ご当地概要ご当地情報ご当地Map・アクセスご当地追加情報ご当地公式情報

「浅草寺縁起」等にみえる伝承によると、浅草寺の草創の由来は、推古天皇36年(628年)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟の網にかかった仏像があった。
これが浅草寺本尊の聖観音(しょうかんのん)像であります。
この像を拝した兄弟の主人・土師中知(はじのなかとも、「土師真中知」(はじのまなかち)とも)は出家し、自宅を寺に改めて供養しました。
これが浅草寺の始まりと言われています。
その後大化元年(645年)、勝海上人という僧が寺を整備し観音の夢告により本尊を秘仏と定めた。
観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)の金色の像と伝わるが、公開されることのない秘仏のためその実体は明らかでありません。
平安時代初期の天安元年(857年。天長5年(828年)とも)、延暦寺の僧・円仁(慈覚大師)が来寺して「お前立ち」(秘仏の代わりに人々が拝むための像)の観音像を造ったという。
これらを機に浅草寺では勝海を開基、円仁を中興開山と称しています。
天慶5年(942年)、安房守平公雅が武蔵守に任ぜられた際に七堂伽藍を整備したとの伝えがあり、雷門、仁王門(現・宝蔵門)などはこの時の創建といわれる。

一説に、本尊の聖観音像は、現在の埼玉東京の県境に近い飯能市岩淵にある成木川沿いにある岩井堂に安置されていた観音像が大水で流されたものとする伝承があります。

【浅草寺】

住所:東京都台東区浅草2-3-1

開催日:

開催時間:開堂6:00~閉堂17:00
※10月〜3月は、6:30~

イベントタイプ:寺、文化、歴史

入場料:

交通アクセス:徒歩で各「東武スカイツリーライン:浅草駅」「東京メトロ銀座線:浅草駅」「つくばエクスプレス:浅草駅」「都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口」より約5分

駐車場:浅草寺に駐車場はございませんが、台東区雷門地下駐車場ほか周辺の駐車場をご利用できます。(有料)

問合せ:03-3842-0181

※時間、価格の変更の可能性はあります。

浅草寺:東京都台東区浅草2-3-1

花火大会:

アトラクション情報:

踊りの当日参加:

有料観覧席:

予想来場者数:年間の参拝者数3000万人

浅草寺は、1400年近い歴史をもつ観音霊場である。寺伝によると、ご本尊がお姿を現されたのは、飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝であった。
宮戸川(今の隅田川)のほとりに住む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した。仏像のことをよく知らなかった浜成・竹成兄弟は、像を水中に投じ、場所を変えて何度か網を打った。しかしそのたびに尊像が網にかかるばかりで、魚は捕れなかったので兄弟はこの尊像を持ち帰った。
土師中知(名前には諸説あり)という土地の長に見てもらうと、聖観世音菩薩の尊像であるとわかった。そして翌19日の朝、里の童子たちが草でつくったお堂に、この観音さまをお祀りした。「御名を称えて一心に願い事をすれば、必ず功徳をお授けくださる仏さまである」と、浜成・竹成兄弟や近隣の人びとに語り聞かせた中知は、やがて私宅を寺に改め、観音さまの礼拝供養に生涯を捧げた。
浅草寺に伝わる縁起には、観音さま示現の日、一夜にして辺りに千株ほどの松が生じ、3日を過ぎると天から金の鱗をもつ龍が松林の中にくだったと記されている。この瑞祥が、後につけられた山号「金龍山」の由来となった。また現在、浅草寺寺舞として奉演されている「金龍の舞」も、これに因む。

やがて大化元年(645)、勝海上人という僧が当山に立ち寄り、観音堂を修造した。ある夜、上人の夢に観音さまが現れ、「みだりに拝するなかれ」と告げられた。以来今日まで、ご本尊を厨子(御宮殿)深く秘仏として奉安している。
平安初期の天安元年(857)、比叡山第3世天台座主慈覚大師円仁さまが来山した。秘仏のご本尊の前に奉安されている御前立は、この時浅草寺の中興開山と仰がれる慈覚大師が謹刻されたと伝わる。
その後、浅草の地は、宗教的な聖地として次第に発展していく。平安中期の天慶5年(942)、浅草寺に参籠した平公雅が、武蔵(現在の東京都と埼玉県のほぼ全域に神奈川県の東部を含めた地域)国守への補任を祈願した。この願いがかない、公雅は報謝の印に大規模な七堂伽藍を建てた。このため浅草寺は近郡に比類なき霊場となり、一層の信仰を集めた。

長久2年(1041)12月22日に起こった大地震により、浅草寺の堂舎はあらかた倒壊し、境内が荒れ果ててしまった。寂円上人という修行僧が、この惨状を見て再建の志を起こす。隣境の山中で材木を伐採し、野で葺萱を集めてまわった寂円上人は、永承6年(1051)ついに宿願を果たして本堂を落慶した。
しかしこの本堂も、わずか28年後の承暦3年(1079)12月4日、原因不明の火災によって炎上する。この折、ご本尊が本堂の西方にあった榎の梢に自ら避難されたとの故事が伝わる。
その後、仁安4年(1169)、学頭(寺の学問を統轄する者)であった用舜上人が中心となり、浅草寺再建に尽力したことが記録に残る。このとき用舜上人が修した聖観音の秘法によって、轟然と大雨が降り注いだ。その勢いに助けられ、山で伐採した材木はつぎつぎと隅田河畔に流れ着き、数多くの用材を無事に確保できたという。浅草寺と隅田川との関係の深さを思わせるエピソードの1つである。

出展:http://www.senso-ji.jp/

浅草寺 仲見世通りでゆったり散歩【東京 台東区:全季節】

東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)で江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもあります。
全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっています。

引用:https://www.youtube.com/

仲見世は浅草寺の表参道で雷門から宝蔵門まで長さ約250mにわたって、参道の両側に朱塗りの店舗が沢山並んでいます。
日本で最も古い商店街のひとつであり、国内だけでなく海外からの観光客も非常に多く活気に溢れています。

浅草寺 仲見世通りで写真撮るならEOS Kiss X9!!


≫ キヤノン デジタル一眼レフ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM 

浅草寺の映像

浅草寺の画像や動画を掲載しておきます。

引用:https://www.youtube.com/

浅草仲見世は日本で最も古い商店街の一つです。
江戸幕府のころからの人口が増え、浅草寺への参拝客も増え浅草寺境内の掃除の賦役を課せられていた近くの人々に対し、境内や参道上に出店営業の特権が与えられが仲見世の始まりました。

現在、250メートルの仲見世通りには、東側に54軒、西側に35軒の計89店舗あります。




浅草寺のSNS情報

浅草寺のSNSでのご当地情報を集めてみました。

引用:https://twitter.com/



浅草寺の評判の宿泊は、こちらです。

浅草寺の評判の宿泊は、こちらです。助六の宿 貞千代 池波正太郎先生「鬼平犯科帳」「江戸町衆料理」

浅草寺本堂から徒歩5分、江戸情緒を残す純和風旅館の「助六の宿 貞千代」が評判のお宿です。
海外からの観光客の方の評価も高く浅草寺から始まり、スカイツリーや東京下町の散策の拠点として最適です。

浅草寺の宿泊は、助六の宿 貞千代が評判

お勧めの宿料理・温泉地図

【助六の宿 貞千代】
全室バス、トイレ付きで大風呂(檜風呂と石風呂)は一晩中入浴可能です。
お料理は、池波正太郎先生の「鬼平犯科帳」に因んだメニューの「江戸町衆料理」を堪能することができます。

View this post on Instagram

#貞千代 で #江戸町衆料理 この後 #投扇興 #浅草 #asakusa #tokyo #japanesetraditionalfood #wa #和 #和食 #お座敷

minuknowy206♡宣伝系NG〜さん(@minuknowy206)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

・ 2016.11.25 #まあみのおでかけ ・ #浅草 #助六の宿貞千代 #夕食の膳 #社員旅行2016 #観光旅館

まあみ(まあたる*メイン)さん(@maamidele)がシェアした投稿 –


≫ 助六の宿 貞千代 | 東京都台東区浅草2-20-1 | 詳細・予約

【助六の宿 貞千代】

≫ 助六の宿 貞千代 | 東京都台東区浅草2-20-1 | 詳細・予約

浅草寺に行くなら、絶対にこのご当地!!

浅草寺に行くなら、絶対にこのご当地!!渡辺雄一郎氏 ナベノ‐イズム フランス料理

日本のフランス料理界の俊傑、渡辺雄一郎氏が手掛ける「ナベノ‐イズム」は、独特な進化を続ける浅草の地域文化と、フランス料理の繊細な味わいを優しく調和させた、新たな一皿を楽しむことができます。

浅草寺では、江戸文化とフランス料理の融合に感動する!

評判のお店地図

【ナベノ-イズム】

ランチ・ディナーそれぞれひとつのおまかせコースのみで「雷おこし」「最中」といった日本独自でご当地感溢れる素材を多彩に取り入れた「ガスパチョ」や、両国江戸蕎麦「ほそ川」の蕎麦粉を、ソース・エミュリュッショネの技法で炊き上げた「そばがき」など、日本人の舌に馴染み深い食材を、新たな姿に進化させた逸品。

View this post on Instagram

ナベノイズムで5日間研修させていただきました。最初はフランス語が多くて、なんのことを話しているのかぜんぜんわからなかったけど、徐々に覚えました、、今後はもっとフランス語の勉強が必要、、、 フランス料理のことや今後の将来についてたくさん教えていただきました。シェフやスタッフの方々、仕込みやフランス語を丁寧に教えていただきありがとうございました! 短い間でしたがとても勉強になりました。 ありがとうございました。 #ナベノイズム #渡辺雄一郎シェフ #フランス料理 #研修 #東京 #浅草

りくさん(@riku6.1)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

美味しいもの。 #ナベノイズム #浅草 #asakusa

nequittezpaslaさん(@nequittezpasla)がシェアした投稿 –


≫ ナベノ-イズム | 東京都台東区駒形2-1-17 | 詳細・予約

【ナベノ-イズム】

≫ ナベノ-イズム | 東京都台東区駒形2-1-17 | 詳細・予約

浅草寺のご当地 浅草今半 牛肉佃煮のお取り寄せはこちらです。


≫ 浅草今半 牛肉佃煮 詰合せは、こちらです。

 
トップへ戻る