地獄谷野猿公苑 野生猿が温泉に入る世界的観光地!!【長野 志賀高原:冬 12~1月】

シェアする

FavoriteLoadingお気に入りに追加

地獄谷野猿公苑 野生猿が温泉に入る世界的観光地!!【長野 志賀高原:冬 12~1月】

地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)は、長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザル(Macaca fuscata)の生態の観察が出来る野猿公園であります。
冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地です。

タイム誌などにもサルが露天風呂に入る写真が掲載され海外からの観光客が多く、英語圏では「Snow Monkey」とも呼ばれ有名です。




地獄谷野猿公苑のご当地情報

【地獄谷野猿公苑のご当地概要】

地獄谷野猿公苑は、1964年に開苑し、開苑当初からの「猿と人間の共生を観光客に見せること」を徹底し、野生のニホンザルの生態を間近で観察できる野猿公園と国際的に知られています。

志賀高原を源とする横湯川の渓谷にある地獄谷温泉の一番奥に位置し、公苑の手前には、100度近い源泉を吹き上げる渋の地獄谷噴泉があります。

冬は、標高850m、1mを越える積雪があり、厳冬期は最低気温が-10 ℃を下回る場所ですが、冬場に温泉に入るニホンザルの姿は「snow monkey(スノーモンキー)」などと呼ばれて非常に有名であります。

写真家の福田幸弘氏が2005年冬に野猿公苑のサルを撮影した写真が、BBC(英)の「Wild life photography 2005 動物部門入賞」を受賞し、また翌2006年、地獄谷野猿公苑の職員・萩原敏夫の撮影写真が「米国ネイチャーズ・ベスト国際写真コンクール」(米)で受賞した。
この2枚の写真はどちらも「冬の猿」を撮影したもので、「Snow Monkey」として有名になり海外からの観光客が増えた。
※地獄谷野猿公苑の温泉に入る野猿の写真、LIFEの表紙を飾って、その切っ掛けから世界中から観光客が来るようになりました。

ご当地情報ご当地Map・アクセスご当地追加情報ご当地公式情報

【地獄谷野猿公苑】

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

開催日:無休

開催時間:
夏季(4~10月頃):8:30~17:00
冬季(11~3月頃):9:00~16:00

イベントタイプ:自然、絶景、温泉

入場料:大人(18歳以上)800円、子供(小学生~高校生)400円

交通アクセス:
【徒歩・公共機関】バスで長野電鉄「湯田中駅」から乗車、「上林温泉」又は志賀高原線「スノーモンキーパーク・志賀高原」下車し徒歩で約30分
【車】上林温泉駐車場へは、信州中野ICから車で約8km
※徒歩で上林温泉駐車場から約30分
※徒歩で地獄谷駐車場から地獄谷は約15分

駐車場:地獄谷野猿公苑専用の無料駐車場は上林温泉にあります。
※渋温泉からの地獄谷駐車場は有料(普通車500円)

問合せ:0269-33-4379

※時間、価格の変更の可能性はあります。

地獄谷野猿公苑:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

花火大会:

アトラクション情報:

踊りの当日参加:

有料観覧席:

予想来場者数:年間約10万人

はじめに -地獄谷野猿公苑について-

地獄谷野猿公苑は、長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置しています。 険しく切り立った崖に囲まれ、噴泉が絶えず噴煙を上げている、そのような光景に、いつしか人々はこの地を地獄谷と呼びました。標高850m、地獄谷の冬は厳しく1mを越える雪に覆われ、最低気温が-10℃を下回ります。人間を除く霊長類の生息北限とされる下北半島と比べても引けをとらない厳しい環境です。

地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、広く世界中の人々に愛されています。また、多くの研究者や写真家も訪れ、数々の成果を上げています。

また、温泉に入るサルとしても知られ、1970年、米「LIFE」誌の表紙に掲載され海外にも報道されました。1998年の長野冬季オリンピックの際は選手、大会関係者、報道関係者等、世界中からの人々が大勢訪れ、話題となり、広く世界中に知られるところとなりました。

野猿公苑とは

ニホンザルは北海道・沖縄を除く日本各地の山林地帯に広く生息しています。
では、ニホンザルを観察してみたいと思ったらどうしたらよいでしょう?
ニホンザルを観たいと思ったら山に行けばよいのです。

しかし、実際に山に行ってみるとニホンザルの生息する山林地帯は深く、険しく、簡単には見つかりません。 また、運良く見つけられても、非常に離れていたり、移動してしまったり、間近でじっくり観察できるものではありません。 そこで考えられたのが餌づけという方法を使い、だれでも簡単にサルを観察できるようにした施設が野猿公苑(公園)です。

動物園にもニホンザルはいますが、ニホンザルは群れという集団を作り、高度な社会性を持つ動物です。 狭い檻の中では彼ら本来の行動は観察できません。野猿公苑は本来ニホンザルが暮らす環境の中で、より 自然に近い状態でサルを観察することが出来る施設です。ヒトとニホンザルを隔てる柵もありません。ニホンザルと同じ空間で自由に観察することが出来ます。

野猿公苑のニホンザルは野生動物です

野猿公苑はニホンザルが暮らす環境の中で、より 自然に近い状態でサルを観察する施設です。そのため、地獄谷野猿公苑は人里から離れた山奥にあります。便宜上、施設として仕切られていますが、柵もなく、ニホンザルが自由に出入できる自然環境を利用した施設です。

ニホンザルは施設で与えるエサを求めて野猿公苑にやってきます。ニホンザルは半径数kmほどの行動範囲の中で生活しています。野猿公苑でエサをもらえる日中のほかは、行動範囲の森林で自由に生活をしています。ニホンザルの生活は野猿公苑の施設の中だけで完結しているわけではありません。ニホンザルたちにとって野猿公苑は生活の一部分でしかありません。

ニホンザルの行動によっては野猿公苑に現れないこともあります。餌づけされているとは言え、野猿公苑にいるニホンザルは野生のニホンザルなのです。

温泉に入るサル

地獄谷のニホンザルは温泉に入ることで知られていますが、それは地獄谷の厳しい冬の寒さをしのぐための手段。ですから、温暖な時期には積極的に温泉には入りません。温泉に入ることは、サルたちの生活のほんの一部分でしかありません。 温泉に入ることよりも興味深いことはたくさんあります。温泉に入らない時期でもニホンザルの観察は楽しんでいただけます。

自然観察の場です

野猿公苑もニホンザルの生活の一部分でしかありません。ニホンザルの生活は野猿公苑の施設も含め、地獄谷の周辺、すべての環境の上に成り立っています。もちろん、そこに生活しているのはニホンザルだけではありません。動物、昆虫、植物、等々、様々な生物が生息しています。環境とそこに暮らす生物、それらすべてが複雑に関係し、成り立っています。

地獄谷野猿公苑はニホンザルの観察を中心とした総合的な自然観察の場でありたいと考えています。野猿公苑の施設の中だけで完結するものではありません。ふもとの村から見える山並みも、地獄谷に至る遊歩道でも、既に自然観察は始まっているのです。

出展:http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

地獄谷野猿公苑 野生猿が温泉に入る世界的観光地!!【長野 志賀高原:冬 12~1月】

年間10万人の観光客が訪れる「地獄谷野猿公苑」ですが、冬の時期は、一日に1500人ほど観光客が猿を見に来ます。
その中の半数は、海外からの観光客です。

引用:https://www.youtube.com/

地獄谷野猿公苑で猿を観察する注意点

  1. 食べ物を見せない、与えない。
  2. サルに触ったり嚇かしたりしない。
  3. 近くからサルの眼を見つめない。
  4. 近づきすぎず離れて観察してください。
  5. 犬、猫等は、連れて入れません。
  6. カメラ・ビデオ等での撮影は可能です。
  7. セルフィースティックは禁止です。

また、「地獄谷野猿公苑」のLiveカメラで猿と雪(季節・天気)をチェックして行くと良いです。

≫ 地獄谷野猿公苑のLiveカメラは、こちら!!

地獄谷野猿公苑で写真撮影は、防塵・防滴のPENTAX K-1 MarkⅡ!!


ペンタックス K-1 MarkII 28-105WR レンズキット

地獄谷野猿公苑の映像

地獄谷野猿公苑の画像や動画を掲載しておきます。

【白毛の可愛い赤ちゃん猿】

引用:https://www.youtube.com/

地獄谷野猿公苑近くの渋温泉がお勧め

引用:https://www.youtube.com/

レトロな歴史ある街並みの渋温泉が、地獄谷野猿公苑から近く手お勧めのです。
格子窓、土壁、頭上に張り出す渡り廊下の欄干。
そして人がすれ違うのもやっとという細い路地・・・・・
1300年前の開湯以来、湯治場や草津街道の宿場街として長い歴史を重ねてきておりシブ過ぎてお勧めです。



地獄谷野猿公苑のSNS情報

地獄谷野猿公苑のSNSでのご当地情報を集めてみました。


引用:https://twitter.com/



地獄谷野猿公苑の評判の宿泊は、こちらです。

地獄谷野猿公苑の評判の宿泊は、こちらです。渋温泉 歴史の宿 金具屋

地獄谷野猿公苑から近くの昔から街道の温泉場として続く渋温泉ですが、昭和レトロの雰囲気をそのまま残る昔の街並みは、海外の方からも注目されています。
約260年の歴史をもつ老舗旅館「金具屋」は、渋温泉の真ん中に位置しておりジブリ映画の名作「千と千尋の神隠し」のモデルになったと噂(?)される木造4階建の旅館は、国の登録有形文化財に認定されています。

地獄谷野猿公苑の宿泊は、「渋温泉 金具屋」が評判!!

お勧めの宿料理・温泉地図

【渋温泉 歴史の宿 金具屋】

国指定有形登録文化財の宿!!4つの源泉8つのお風呂の「歴史の宿 金具屋」!!!
昭和初期の古き良き木造建築は、当館創業以来の歴史と格式を感じます。

この投稿をInstagramで見る

みっパン🌹さん(@miya.mi_chan)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿


≫ 渋温泉 歴史の宿 金具屋 | 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202 | 詳細・予約

渋温泉 歴史の宿 金具屋

「金具屋」オリジナルの地鶏の治部煮の信州仕立て「しぶのじぶ煮」がお勧めです。
他さまざまなきのこ料理と信州サーモンのお造り信州地酒でいただくのが最高ですね。
3つの大浴場と5つの貸切風呂、計8ヶ所のお風呂すべて、源泉から湧いた温泉です。

この投稿をInstagramで見る

Misao Mizogamiさん(@misaomizogami)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿


≫ 渋温泉 歴史の宿 金具屋 | 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202 | 詳細・予約

渋温泉 歴史の宿 金具屋

≫ 渋温泉 歴史の宿 金具屋 | 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202 | 詳細・予約

地獄谷野猿公苑に行くなら、絶対にこのご当地グルメ!!

地獄谷野猿公苑に行くなら、絶対にこのご当地グルメ!!地ビール 志賀高原ビール THE FARMHOUSE

地獄谷野猿公苑から近くの渋温泉にある「玉村本店」は、約150年前に建築された酒蔵の一部を改良し、アート・ギャラリーとして日本画などを展示しています。
同じグループのビアバー&ダイニング「THE FARMHOUSE」が、志賀高原の麓、スノーモンキーパークのお膝元・上林温泉にある旧志賀山文庫に志賀高原ビール直営店として最大13種類の樽生が飲めます。

地獄谷野猿公苑では、「地ビール 志賀高原ビール」がお勧め!!

評判のお店地図

【THE FARMHOUSE】

志賀高原ビールの定番・準定番・限定品が、最大13種類お飲みいただけます。
タイミングが良ければ、レア物ビールを飲めることもあります!!

この投稿をInstagramで見る

フライング‼️😅💦 . #snowmonkeybeerlive

@ toyoshikaがシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

nobさん(@nobsupp)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Yuichi Nomuraさん(@nommyu)がシェアした投稿


≫ THE FARMHOUSE | 長野県下高井郡山ノ内町平穏上林温泉1403-2 | 詳細・予約

【THE FARMHOUSE】

≫ THE FARMHOUSE | 長野県下高井郡山ノ内町平穏上林温泉1403-2 | 詳細・予約

地獄谷野猿公苑のご当地ビール「志賀高原ビール」のお取り寄せ!!


≫ 志賀高原ビール 12本セット(330ml×12本)

 
トップへ戻る